ふしぎデザインブログ

デザイン事務所「ふしぎデザイン」の仕事やメイキングについて書くブログです。

「かみの工作所」の福永紙工さんにお邪魔しました

東京の立川にある紙の印刷・加工企業、福永紙工株式会社を訪問してきました。

 

f:id:keita_ak:20171026131439j:plain

工場の隣に建つショールーム。オリジナル製品をはじめカラフルな紙製品が並ぶ

 

福永紙工と「かみの工作所」

福永紙工はパッケージ制作や複雑な印刷加工に強いとのことで、もともとの事業の中心は各企業から受託する印刷と加工だそう。工場にお邪魔したときは、ファインペーパーや箔押しを使ったパッケージや企業の名刺などを作っているところでした。

今回ご対応頂いた営業部の渡邊さんと、大学の先輩でもある工務室の宮田さんによると、差別化ポイントは「クオリティで攻めること」で、他の会社では難しいような高度な加工も手がけているとのこと。特色印刷、折り、型やレーザーによる切り抜きなどを組み合わせて、リッチな印刷物や紙箱を作り上げているようです。

 

そしてもう一つの特色が、印刷加工企業としては珍しい、自社製品の開発と販売を行っていること。デザインに興味がある方なら、「かみの工作所」や「テラダモケイ」というブランド名を聞いたことがあるかも?

 

www.kaminokousakujo.jp

 

「かみの工作所」は、デザイナーとコラボレーションしてできる、紙の道具の可能性をさぐるプロジェクト。スタートしてから10年程度とのことでしたが、ショールームを埋め尽くすほどのラインナップを持っており、事業としても受託印刷に対して約3割の大きさにまで成長しているのだとか。すごい。

 

f:id:keita_ak:20171024175714j:plain

印刷、型抜き、箔押し、エンボス、貼り加工によってバリエーション豊かな製品が生まれる

 

f:id:keita_ak:20171024175931j:plain

大ヒット製品、トラフ建築設計事務所による「空気の器」は、きれいな形に立ち上げるには、フチの最後の一本まで丁寧に広げるのがコツだとか

 

f:id:keita_ak:20171024180037j:plain

雑貨店などでよく見る「テラダモケイ」は、100点のシリーズ化を目指し現在78点まで到達とのこと

 

一概にオリジナル製品を作るといっても、ここまでラインナップを広げ、センスよく展開していくのは相当難しいはず。それを実現しているのは、渡邊さんがおっしゃっていた「アパレル出身の社長がデザイン好きだから」ということだけでなく、会社全体にクオリティに対するこだわりがあるのかな、と勝手に想像してしまいました。

 

それから、僕が大学1年生のときに研究室で副手をされていた宮田さんと久しぶりに再会できたのも嬉しかった。

宮田さんは外部のデザイナーと工場の間を取り持つ仕事をしており、「最初のアイデアがそのまま量産可能なものはまずない」というデザイナーのアイデアをいかに実現し、量産対応するかを考えることが多いとのこと。

メーカーにいたときもそうでしたが、違った意見を持った人たちの間を取り持ち調整する役割は想像するだに大変。でも、宮田さんは相変わらず、まるで全然大変じゃないかのように仕事の話をしているのでした。なんというか、「先輩」を感じます。。

 

 

工場見学タイム

今回、ショールームだけでなく、工場の現場も見せて頂きました。

印刷から加工まで、ほぼすべての工程を自社で完結できるそう。どこの工場もそうですが、カッコいい機械が目白押し。とにかく写真を見てください!

 

f:id:keita_ak:20171024181902j:plain

4色のオフセット印刷機。CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、黒)で刷るときもあれば、特色を4色入れることもある

 

f:id:keita_ak:20171024182009j:plain

これがいわゆる「特色」。インキメーカーのインクをレシピ通り調合し、指定の色を特別に作る。刷る紙の色によって色味も変わるので、最後は職人さんの目で調整を行うそうです

 

f:id:keita_ak:20171024182235j:plain

紙箱を作る巨大な機械。片方の端に紙をセットすると、指定した条件通りに折られ、糊付けされて組み立て前の状態にまで自動で加工される。ちなみに右端の方が宮田さん

 

折られてますね〜 機械を動かしだすまでの、設定の作業にとても時間がかかるらしい

 

f:id:keita_ak:20171024182103j:plain

ホットメルトで紙を糊付けし、箱に組み立てる機械

  

「テラダモケイ」を製作中のレーザー加工機。こ、細かい

 

f:id:keita_ak:20171026132115j:plain

箔押し機。金銀などの箔やカラー箔、空押し(エンボス)の加工が可能

 

f:id:keita_ak:20171024221819j:plain

大きな断裁機。荒取り用と仕上げ用の2台を使い分けているそうです

 

f:id:keita_ak:20171024221901j:plain工場のフロア。パレットの上に紙の塊が積まれている

 

 

…とこのように、工場をすみずみまで見せて頂きました。

飛び込みでお訪ねしたのに、とても丁寧にご対応して頂き嬉しかったです。さらに、図々しくも工作用のダンボール紙まで頂いてしまいました。(何か作ったらお見せします!)

こんな意欲的なところとお仕事ができるように、腕を磨いていこう…!

記事内の写真は許可を得て撮影しています)